印鑑の種類

印鑑にも、丈の長さや、デザインの違いなどの流行があります。バブル時代には大き目のダブルの印鑑が流行りましたね。
今はピタっとしたものが主流になっていますが、これもまた流行りですのでまた大きめの印鑑が広まるかもしれません。

法人印鑑

ふたの部分を重ねるデザインで、形的にはひょうたん似た印鑑です。
法人印鑑の数は、3本セットもしくは4本セットで、法人形態によりばらつきがあります。

黒水牛や柘植値段は安いですが象牙やチタンの印鑑はとても丈夫です。その代り高価な印鑑の種類になりますが、法人設立の願掛けにも高価な印鑑をつくりたいものですね。